北海道十勝*然別湖【ボレアルフォレスト】カヌーと山のガイド

HOME | スノーシュー | 東雲湖スノートレッキング
ホームページタイトル
                                               
ロゴマークのイラストその1
ロゴマークのイラストその2

海道十勝の鹿追町にある然別湖を中心に活動している小さなガイドカンパニーです。

東雲湖(しののめこ)スノートレッキング

**北海道三大秘湖へ!たっぷり歩くスノーシュートレッキング**
結氷した然別湖を横断して、針葉樹の森の奥にある静寂の湖・東雲湖を目指します。少し長いトレッキングになりますが、風景のさまざまな変化を楽みながら歩ける充実のコースです。氷と風が生み出す冬の造形、雄大な風景の広がり、ふかふかの雪の感触、動物や鳥達の気配など、冬の魅力を味わいながら歩きましょう!
 
期間  
終了しました。
時間
9:00〜13:30
(毎年、イベント会場を通り抜けた先から歩き始めているトレッキングなのですが、この冬は、イベントの感染対策のため、9時前の会場通過はできなくなりました。)
料金(一人あたりの料金。税込です。)  
6,500円
*ツアー参加者が1名様のみの場合 8,500円
定員  
5名様(対象は中学生程度〜)
集合場所  
然別湖畔温泉(然別湖へのアクセス)
フィールド 
然別湖・東雲湖
お申込みの受付
前日の19:00まで

風で波打つ雪面とくちびる山

 
然別湖に張った透明な氷

 
雪面で天使の羽を描く人
針葉樹の向こうに見える冬の太陽
 
東雲湖を目指して歩く人たち
 
雪の椅子で休憩中の人たち
コロナ対策
お問い合わせお申込み

服装について

雪遊びに適した服装でご参加ください。

氷点下の気温でも、歩いているときは、汗ばむことがあります。
そのまま休憩すると、すぐに身体が冷えてきてしまいますので、なるべく汗をかかない工夫が必要です。体温の変化に合わせて温度調節がしやすいようにするには「服の重ね着」がおすすめです。
手、首、頭の防寒も大切です。ここからどんどん熱が奪われます。
木綿製の服は濡れると乾かずに体温を奪うので着用は避けてください。

おすすめの服装(重ね着例)

*1番上には、防寒、防風、防水性のあるスキーウェアーやスノーボードウェアー(上下)など。
*中間着には、保温性があり、汗を外に逃すフリースやウールのセーターなど。
*一番下には、透湿性(汗を吸い上げて外に出す力のあるもの)、速乾性のある化学繊維製の長袖上下など。
*手袋は、保温性、防水性のあるスキー用グローブなどの厚手の手袋の中に、フリース地やウールの薄手の手袋をはめて二重にするとベストです。汗をかいり、雪で濡らしてしまった時のため、中にはめる薄手の手袋は予備があると安心です。
*帽子は、フリース地やウールのあたたかいもの。
*ネックウォーマーやマフラー。
*サングラスまたはスキーゴーグル。雪の上はとても眩しいです。
*ウィンターブーツや保温性のある冬用長靴など。
冬季に対応したトレッキングシューズや登山靴を履かれる方は、中に雪が入らないようにスパッツやオーバーズボンでカバーするようにしてください。
 

持ち物

・休憩時に着るダウンジャケットなどの防寒着
・予備の手袋、靴下。
・行動食。お昼ごはん。飲み物(温かいものもあると安心)。
 
*スノーシューはこちらでご用意していますが、小さなお子様は、 スノーシューが履けない場合もあります。その際はご了承ください。
 
わかならいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
 
スノーシューの説明1
スノーシューの説明2