北海道十勝*然別湖【ボレアルフォレスト】カヌーと山のガイド

HOME | 山登り | ネイチャートレイル
ホームページタイトル
                                               
ロゴマークのイラストその1

海道十勝の鹿追町にある然別湖を中心に活動している小さなガイドカンパニーです。

ネイチャートレイル

〜十勝を拠点に出かける『自然を楽しみながらゆっくり歩く山登り&トレッキング』

ボレアルフォレストの「ネイチャートレイル」は、山や森、湿原を歩くことで自然が身近なものになり、歩いた時間が自然について考える機会やきっかけとなってくれたらいいな…そんな思いから始まった 会員制のプログラムです。お花や紅葉、鳥や動物など、旬の自然をテーマに多彩なコースでご案内します。
各コースのタイトルは、『目的地』+その時期その場所の旬の自然イメージ、となっていますので、ご興味と体力に合わせてご参加ください。

ご参加の前に   
ネイチャートレイルは 会員制でご案内しています。 入会金年会費は必要ありません。シーズン初回のお申込み時に会員登録をお願いします。
お申込みの受付  
3日前までですが、各コースとも定員になり次第、締め切らせていただきます。 
ご集合&解散場所 
鹿追町『道の駅うりまく駐車場』**移動途中や登山口での合流もOKです。お申し込みの際にご相談ください。
定員&最少催行人数       
定員は各コース4名様(1部コース3名様)。最少催行人数は3名様。
 
靴のマーク
スケジュールの「靴マーク」について
*マークが多いほど歩行距離や歩行時間が長くなります。
*登山初心者の方や自然を少しゆっくりと観察したい方には、マーク2つまでをオススメします。
マークは山登り。
マークは、ハイキング。
 

2021年スケジュール


6月  新緑とお花の季節が始まります!


6/3(木)『オダッシュ山』新緑&パノラマ・トレイル

日高の山でのんびり登山。新緑の森を登って、360度パノラマ広がる頂上へ!
歩行時間:約4時間(登り2時間30分・下り1時間30分)
集合:うりまく道の駅 8時/解散15時頃予定
料金:ひとり5,300円(税・保険料込)


=中止=

6/9(水)『アポイ岳』新緑&ヤマツツジ・トレイル

春はやっぱりアポイ岳!眼下に広がる青い海とたくさんのお花との出会いを期待して…。
歩行時間:約5時間45分(登り3時間30分・下り2時間15分)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散18時30分頃予定
料金:ひとり9,300円(税・保険料込)


  =中止=

6/19(土)『南ペトウトル山』ムラサキヤシオ&パノラマ・トレイル

然別湖エリアから十勝平野まで見渡すことができる然別湖の最高峰!木々の芽吹きやお花を楽しみながら登りましょう。
歩行時間:約4時間(登り2時間30分+下り1時間30 分)
集合:うりまく道の駅 8時30分/解散15時頃予定
料金:ひとり5,800円(税・保険料込)


日程変更!

6/21(月)『白湯山』&  『太郎湖&次郎湖』阿寒の自然・トレイル

阿寒の自然を観察しながら、阿寒湖を見渡す展望台、苔むす森の小さな湖を目指すのんびりハイキング。午前と午後で2ヶ所を歩きます。
歩行時間:約2時間30分+約2時間(多少のアップダウンのある登山道)
集合:うりまく道の駅 6時30分/解散16時頃予定
料金:ひとり6,800円(税・保険料込)


6/27(日)『雄阿寒岳』コウバイタケ&パノラマ・トレイル

頂上からのパノラマはもちろん、アカエゾマツの巨木と苔の森に小さく顔出す桜色のキノコなど、自然の見どころも満載!です。
歩行時間:約7時間(登り4時間・下り3時間)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散18時30分頃予定
料金:ひとり9,800円(税・保険料込)


7月  山のお花の季節です!花の名山、山の湿原へ


日程変更!

7/8(木)『旭岳』パノラマ&キバナシャクナゲ・トレイル

日ごとに開花が進む高山植物を楽しみながら北海道最高峰へ!頂上からのパノラマも期待しましょう。
歩行時間:約5時間30分(登り3時間・下り2時間30分)
集合:うりまく道の駅 4時30分/解散18時30分頃予定
料金:ひとり9,800円(税・保険料込)*ロープウェイ代別


7/21(水)『富良野岳』コイワカガミ&パノラマ・トレイル

十勝連峰の花の名山へ。お花畑と残雪光る大雪山の眺望を楽しみに!
歩行時間:約7時間30分(登り4時間・下り3時間30分)
集合:うりまく道の駅 4時30分/解散19時30分頃予定
料金:ひとり9,800円(税・保険料込)


7/26(月)『黒岳』黄・白色の花ばな&パノラマ・トレイル

新緑の山の斜面を彩るお花を愛でながら、壮大なパノラマを期待して、登りましょう。
歩行時間:約3時間15分(登り2時間・下り1時間15分)
集合:うりまく道の駅 6時30分/解散16時頃予定
料金:ひとり7,800円(税・保険料込)*ロープウェイ・リフト代別


7/29(木)『沼ノ原湿原』ワタスゲ&パノラマ・トレイル

山の上に広がる静寂の湿原へ。トムラウシ山方面の風景も期待して、お花の季節に登ります。
歩行時間:約5時間45分(登り3時間・湿原歩き45分・下り2時間)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散16時30分頃予定
料金:ひとり8,800円(税・保険料込)


8月  静寂の湿原、沼、山へ!


8/11(水)『浮島湿原』タチギボウシ・トレイル

点在する沼と夏のお花が織りなす静寂の高層湿原を巡るハイキング。
歩行時間:約3時間
集合:うりまく道の駅 7時/解散16時30分頃予定
料金:ひとり7,000円(税・保険料込)


8/21(土)『高原沼めぐり』グリーンブルー!・トレイル

夏の緑と沼の青!爽やかな風を感じながら、静寂の沼めぐり。8月も良いですよ〜。
歩行時間:約5時間30分(アップダウンのある山歩き)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散17時頃予定
料金:ひとり8,300円(税・保険料込)


8/25(水)『ユニ石狩岳』ナキウサギ&パノラマ・トレイル

森の中では地衣類やきのこ、山の上ではナキウサギ。楽しい出会いを期待しながら、パノラマ広がる東大雪の静かなピークを目指します。
歩行時間:約7時間30分(登り4時間30分・下り3時間)
集合:うりまく道の駅4時30分/解散18:00
料金:ひとり10,300円(税・保険料込)


9月  紅葉の大雪山、十勝連峰、そして日高山脈へ!


9/4(土)『松仙園』初秋のパノラマ・トレイル

山の上に広がる原生的な自然が残された湿原、松仙園へ。厳しいルールを決めて、2020年に復活したルートですが、ぬかるみや段差の大きい登山道が続く野性味あふれるコースです。
歩行時間:約6時間(登り4時間・下り2時間)
集合:うりまく道の駅4時30分/解散18:00
料金:ひとり10,300円(税・保険料込)


日程変更しました

9/9(木)『沼ノ原湿原』秋色の水辺・トレイル

山の上に広がる静寂の湿原へ。秋色に染まる高層湿原とトムラウシ山方面の風景と期待して…。
歩行時間:約5時間45分(登り3時間・湿原歩き45分・下り2時間)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散16時30分頃予定
料金:ひとり8,800円(税・保険料込)


9/22(水)『三段山』秋の彩り&パノラマ・トレイル

秋色に染まるパノラマを楽しみながら、十勝連峰迫る頂上へ。2020年に通行止が解除になった十勝岳温泉登山口ルートから登ります。
歩行時間:約3時間30分(登り2時間・下り1時間30分)
集合:うりまく道の駅 6時/解散17時頃予定
料金:ひとり7,300円(税・保険料込)


9/25(土)『ペケレベツ岳』十勝平野展望・トレイル

日高山脈展望の山へ。稜線からの展望と秋色の風景を期待して…。
歩行時間:約5時間(登り3時間・下り2時間)
集合:うりまく道の駅 7時/解散16時頃予定
料金:ひとり7,800円(税・保険料込)


10月  紅葉のアポイ岳、最後は雌阿寒岳とオンネトー!


10/2(土)『雌阿寒岳ぐるり』紅葉・きのこ&オンネトー・トレイル

雌阿寒温泉登山口〜雌阿寒岳頂上〜オンネトー登山口〜オンネトー湖岸〜アカエゾマツと苔の森〜雌阿寒温泉登山口。
秋色の雌阿寒岳とオンネトー満喫の周遊コース!
歩行時間:約6時間(登り3時間・下り2時間30分・少し緩いアップダウンを30分)
集合:うりまく道の駅 6時/解散・17時30分頃予定
料金:ひとり8,800円(税・保険料込)


10/11(月)『アポイ岳』紅葉&パノラマ・トレイル

お花で人気の山ですが、紅葉の頃もオススメです。空気が澄む季節なので、日高山脈と眼下に広がるパノラマにも期待して…。
歩行時間:約5時間45分(登り3時間30分・下り2時間15分)
集合:うりまく道の駅 5時30分/解散18時30分頃予定
料金:ひとり9,300円(税・保険料込)


服装について

*動きやすい服装(長そで、長ズボン)
(速乾性のある化学繊維のもの。綿製品は避けてください。)
*インナー
(速乾性のある化学繊維のもの。綿製品は避けてください。)
*帽子
*トレッキングシューズ(くるぶしまで隠れるもの) 

持ち物について(必携)

*雨具上下(防寒にもなります)
*フリースや薄手のダウンジャケットなどの防寒着
*薄手の手袋
*行動中の飲み物、行動食、お昼ごはん
*タオル
*ヘッドランプ
*サングラス
*携帯トイレ

イワウメのお花

 
雌阿寒岳頂上で休憩中
浮島湿原でランチ

 
赤岳登山道沿いのコケモモの実
コマクサの写真

 
雫がいっぱい

 
大雪山、赤岳頂上で記念写真

 
メアカンキンバイのお花